×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


槇原敬之の僕ら チキンライス
槇原敬之の歌を聴いたことがありますか。
槇原敬之の歌から自分を見つめなおした人が多いかと思いますが




松本人志のチキンライス
チキンライスは、浜田雅功と槇原敬之名義で発売されたコラボレートシングル。チキンライスは20041117日発売。チキンライスの発売元はR and C

チキンライスはダウンタウンが司会を務める、フジテレビ系音楽番組『
HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』に槇原敬之がゲスト出演した際、浜田雅功が作曲依頼したのがきっかけで作られた楽曲がチキンライスです。チキンライスの作詞は相方の松本人志が担当。チキンライスには貧しい家庭で過ごした少年時代のエピソードを基に歌詞を作り上げた。

チキンライスはエキセントリック少年ボウイオールスターズの楽曲でも作詞をした経験があるが、チキンライスではあくまでも真面目なクリスマスソングに仕上げている。チキンライスの歌詞中にはその貧乏ぶりを自虐したユーモアのある歌詞も含まれており、チキンライスには赤坂プリンスの固有名詞も登場させている。

チキンライスは松本人志が子供の頃のクリスマスに体験した出来事が込められており、槇原敬之は松本人志のこのチキンライスの詩を見て号泣した。チキンライスの余談であるが、リンカーンの沖縄ロケでカラオケを行った際に浜田雅功がチキンライスを歌い、ウド鈴木が号泣した。


松本人志とは

チキンライスの2曲目はインストゥルメンタルの『チキンライス』をバックに、松本人志がチキンライスの歌詞にまつわるエピソードや出来上がるまでをインタビュー風に語る音源を収録。槇原敬之は一貫してコーラス(所謂ハモリ)に徹しており、チキンライスの主唱部分は浜田雅功がすべて歌っている。

チキンライスはコラボレーション企画の楽曲であるため、収録曲はすべて現在シングル盤にのみ収録。後
2006年に槇原敬之がアルバム『LIFE IN DOWNTOWN』内でセルフカバー。また、2006531日発売のアルバム『まんぷくトランス』で内山信二がカバーした。

松本
人志(196398 - )は、日本のお笑い芸人、映画監督。通称は「松ちゃん」。兵庫県尼崎市出身。血液型B型。左利き。結婚歴なしの独身。身長172.8cm。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は「浜ちゃん」こと浜田雅功で、1982年にコンビ結成。吉本興業(東京本社)所属で、吉本総合芸能学院(NSC)の第1期生。1982年に兵庫県立尼崎工業高等学校を卒業後、中学時代からの友人であった浜田雅功と共に吉本総合芸能学院(NSC)に入学(同校の1期生)。

入学当初から浜田雅功とコンビを結成。ダウンタウンとしてテレビ番組にレギュラー出演。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで
!!』(日本テレビ系列)『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系列)等では出演のほか番組の企画・構成も担当した。1994年から1995年にかけて、松本が週刊朝日に連載していたエッセイが単行本化される。題名は『遺書』『松本』で、それぞれ250万部、200万部の売り上げ。また、1994年度の高額納税者番付でタレント部門の1位になる。


槙原敬之 Chicken Rice
槇原敬之の僕ら 槇原敬之の僕ら どんなときも 槇原敬之の僕ら 世界に一つだけの花 槇原敬之の僕ら チキンライス





Copyright(C) 槇原敬之の僕ら チキンライス All rights reserved